OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • 隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則

  • 東京国立近代美術館

  • 2021.6.18 - 2021.9.26

 

 

 

米 TIME 誌にて「2019年世界で訪れるべき最も素晴らしい場所 100選」に選ばれた《V&A ダンディー》や《国立競技場》の設計に参画するなど、現代日本を代表する建築家のひとりである隈研吾(1954-)。

 

本展では、世界各国に点在する隈作品の中から公共性の高い68件の建築を、隈が考える5原則「孔」「粒子」「斜め」 「やわらかい」「時間」に分類し、建築模型や写真やモックアップ(部分の原寸模型)などにより紹介。その他、映像作品、前庭に展示されるトレーラーハウスを合わせ、合計74件で隈の世界を紹介する。

 

章解説や作品解説はすべて隈本人によるもの。また、瀧本幹也や藤井光など第一線で活躍するアーティストによる映像作品で隈建築をさまざまな観点から見る空間のほか、360度 VR などの体感要素、さらに、ネコの視点から都市での生活を見直すリサーチプロジェクト《東京計画2020 ネコちゃん建築の5656原則》(Takram との協働)も発表する。コロナ禍というきわめて難しい時代の中で開催される本展が、新しい公共性や未来の都市のあり方について考える機会となるだろう。

 

360VRの体験は整理券が必要となります。詳細は美術館ウェブサイトをご確認ください。

アオーレ長岡 2012 ©by FUJITSUKA Mitsumasa

隈の建築では、「孔」が重要な要素となっている。たとえば《那珂川町馬頭広重美術館》では、建物に、トンネルのような孔をあけることで、街と里山とがつながるようにした。《V&A ダンディー》でも、日本の鳥居に着想を得て、街と川とをつなぐ孔をつくっている。また隈は、建物と建物との間に隙間としてできる空間も孔だと考えている。

《アオーレ長岡》は、市庁舎棟とアリーナ(体育館)棟と 市民協働センターの入った棟という3つの建物の間に、ナカドマという大きな吹き抜けの空間をつくっている。そこが市民の憩いの場になっているのは、それがどこかで、大きな洞窟のような印象を与えるからだろう。隈は「ネコは孔を使って、ある場所へと抜けていく以上に、孔の中に身を隠すことを大事にしている。コロナ後の人間もまた、ハコによって守られるのではなく、 孔によって守られる時代をむかえるだろう」と述べている。

雲の上の図書館 / YURURIゆすはら 2018
©Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

いわゆる公共建築は、ヒューマンスケールを超えた建物となり、 威圧的になることがほとんどだ。そこで隈が用いるのが「粒子」 という方法論だ。たとえば隈は、日本全国、どの製材所でも製造できる幅10.5cm程度の小径木と呼ばれる木をよく使う。小さな径の木であったとしても、それをきちんと組み合わせていけば大きな荷重を支えることができるのだ。と同時に、 建物をヒューマンスケールにすることができる。このように、 建築を小さな単位=粒子の集合体として捉えることで、隈は、 建築と、その中におかれる様々なモノとを同じレベルで考えることができるようになる、つまり人に優しい建築ができると考えている(ネコも、のっぺりした空間ではなくて、粒子状の肌理のある空間を好む)。

高輪ゲートウェイ駅 2020 ©東日本旅客鉄道株式会社

通常、建築は固いものと思われている。でも、たとえば日本の伝統的な建築の壁が、水で溶いた土を塗ったものだったりするように、やわらかい素材を使って建築をつくることも可能だ。たとえば隈は、《高輪ゲートウェイ駅》では、駅全体を覆う屋根の素材に膜を選んだ。その結果、駅構内には自然光が満ちることになった。もちろん膜を支える構造は必要だが、隈はそれを、垂直・水平ではなく、斜めに組み合わせていくことで、屋根を、山や丘陵を思わせるものとした。隈は、やわらかさを導入することで、建築を、人にやさしい環境的なものへと近づけようとしているのだ。 (ネコはかたくてつるつるしたものよりもやわらかくて触感のあるものを好む)。

オドゥンパザル近代美術館(トルコ) 2019 ©Erieta Attali

軒下で雨宿りをすることができるように、下に向かう傾斜を持つ屋根は、「守る」 印象を与える。一方、寺社の山門などに見られるような上に向かう傾斜を持つ屋根は、「迎える」印象を与える。隈は、こうした斜めを様々な形でその建築に取り入れることで、人に優しい建築をつくる。また、斜めとなるのは屋根だけではない。壁も、また床も斜めになることがある。2020年に竣工した 《東京工業大学 Hisao & Hiroko Taki Plaza》では、屋根をステップ状にして 地面からつなげている。また屋根上を庭園にすることで、周辺地域とスムーズにつながるようにしているのだ(隈によれば、屋根や塀の上を自由に移動するネコは、「大いなる斜めの先達」だ)。

La Kagu 2014 ©SS Co., Ltd.

隈における方法論としての「時間」はちょっと独特だ。古くなった建物は、ボロくなることで、その物としてのあり方が弱くなるが、 隈は、「物を弱くすることで、公共空間が楽しくなり、公共空間が人間のものになる」と考えている。それゆえ彼は、古くなった建物を用途変更したりしながら再生させる、いわゆるリノベーションのときに、ぴかぴかにきれいにすることをせず、自転車の車輪を装飾に使ったり、経年変化しやすい木材を用いたりするなど、あえてボロさが出るようにすることがあるのだ(ネコがボロい空間が大好きであることは、言うまでもない)。

展示風景 ©Kioku Keizo

展示風景 ©Kioku Keizo

展示風景 ©Kioku Keizo

展示風景 ©Kioku Keizo

隈 研吾
1954年生。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。2009年より 2020年3月まで東京大学教授。現在、東京大学特別教授・名誉教授。1964年東京オリンピック時に見た丹下健三の国立屋内総合競技場に衝撃を受け、幼少期より建築家を志す。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。これまで 20 か国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部科学大臣賞、国際木の建築賞(フィンランド)、国際石の建築賞(イタリア)等、受賞多数。

【information】
展覧会名:
隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則
会期:2021年6月18日(金)~9月26日(日)
会場:東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー  〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園 3-1
開館時間:
10:00-17:00/金曜日・土曜日:10:00-21:00※当面の間、金・土は20:00まで(入館は閉館 30 分前まで)
休館日:月曜日(7月26日、8月2日、9日、30日、9月20日は開館)、8 月 10 日(火)、9 月 21 日(火)
観覧料:一般 1,300円   大学生 800円
お問い合わせ:ハローダイヤル 050-5541-8600
URL:https://kumakengo2020.jp/

※混雑緩和のため、オンラインでの事前予約をお勧めしています。詳細は美術館ウェブサイトをご確認ください。

 

google map

  • Share on

【応募締め切り】2021年8月10日まで

KUJIのお申込みは、メンバーログインが必要です。

KUJIのお申込みは、
メンバーログインが必要です。

error: Content is protected !!