OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在

  • 東京都現代美術館

  • 2021.3.20 - 2021.6.20

 

 

 

 

触れると崩れそうな彫像、いつどこで作られたのか判然としないオブジェ、 人の立ち去った気配が残るスタジオ、暗く長い廊下、… 静謐と不穏が混交する、マーク・マンダースの世界へようこそ…

マーク・マンダース スタジオ風景

東京都現代美術館では、現代のアートシーンに独自の位置を占める作家、マーク・マンダースの、国内美術館では初となる個展を開催する。

 

マンダースは、1968年オランダのフォルケル生まれ。現在はベルギーのロンセにスタジオを構えている。

1986年、18歳のときに、自伝執筆の試みを契機に得たと言う「建物としての自画像」という構想に沿って、以降30年以上にわたって一貫した制作を続けている。

 

その構想とは、自身が架空の芸術家として名付けた、「マーク・マンダース」という人物の自画像を「建物」の枠組みを用いて構築するというもの。その建物の部屋に置くための彫刻やオブジェを次々と生み出しインスタレーションとして展開することで、作品の配置全体によって人の像を構築するという、きわめて大きな、そしてユニークな枠組みをもつ世界を展開している。この虚構的な枠組みをベースとして類のないビジョンを示す独創的な作品世界は、彫刻の概念を掘り下げる個々の作品の質とあいまって、世界的に高い評価を受けてきた。

 

本展は、作家本人の構想により、展示の全体を一つの作品=想像の建物のインスタレ―ションとして構成するものだ。

マーク・マンダース Photo: Cedric Verhelst

個々の作品は、過去の美術史や私的な記憶に基づくイメージ、彫像や言葉、家具など様々なオブジェの組み合わせからなり、見る者に複雑な感情や時間感覚、思索と内省の機会を与える。これらは独立した作品として十分に魅力的だが、この大きな枠組においてみれば、また新たな表情で私たちを捉えるだろう。

 

作品はすべてこの架空の建物の一部をなすものとして現れ、作家であるマンダース本人と架空の芸術家マンダースの自画像とが混交しながら消失・生起し、見る者を虚実の空間へと誘う。一方、個々の作品には互換性があり、それぞれは単語のように部屋や構成に従って置き換わることが可能と言う。それによって、この想像の建物全体は、いわば一つの自動的な装置のように不断に改変され、更新されていくことになるのだ。

タイトルにある「不在(Absence)」は、インスタレーションに見られる時間が凍結したような感覚や静寂、既に立ち去った人の痕跡、作家本人と架空の芸術家との間で明滅する主体など、マンダース作品全体の鍵語として複数の意味を担うものだが、それはまたこの建物が作家の不在においても作品として自律的に存在し続けるものの謂いでもあるのだろう。

 

マンダースの世界は、その中に入る私たちを魅了しつつ、芸術の意味について、想像力や人の生の経験と時間について、あらためて考えることを促すのだ。

今回の個展は、このような独特な構造を持つマーク・マンダースの作品を十分に堪能できるきわめて貴重な機会だ。ぜひ感覚を研ぎ澄まして、じっくりとその世界に触れてはどうだろう。

マーク・マンダース《椅子の上の乾いた像》2011-15年 東京都現代美術館蔵

Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp, Tanya Bonakdar Gallery, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo

マーク・マンダース《未焼成の土の頭部》2011-14年
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp & Tanya Bonakdar Gallery, New York/Los Angeles
Photo: Genevieve Hanson

マーク・マンダース《マインド・スタディ》2010-11年 ボンネファンテン美術館蔵
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp Photo: Peter Cox / Bonnefanten

マーク・マンダース《狐 / 鼠 / ベルト》1992-93年
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp, Tanya Bonakdar Gallery, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo

緻密に作られた作品群―「凍結した瞬間」

 

マンダースの作品一つ一つは、私的な記憶や生活、複数の時代や地域の美術史など様々な要素を含んでいる。風化したように見える今にも崩れそうな脆い質感や、それとは逆に今作られたばかりのような粘土の艶、複数のパーツの緊張感にみちた思いがけない配置と違和感のあるスケール…。計算され、緻密に作られた作品からは、静謐さと不穏さの混交とともに、まるで、あるひとつの瞬間ですべてが停止しているような、時間の流れを失ったような感覚が引き起こされる。「凍結した瞬間」と作家が呼ぶその世界は、一方で朽ちることのない不変への憧憬をも呼び起こし、見る者に強い印象を残す。

マーク・マンダース《4つの黄色い縦のコンポジション》2017-19年
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp, Tanya Bonakdar Gallery, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo
Photo: Maris Hutchinson

マンダースの制作の中心、謎めいたインスタレーション

 

マンダースの個々の作品は独立していると同時に、「マーク・マンダース」という架空の作家の自画像として構想される「建物」に繋がっている。作品を見る私たちは、今ここで実際に作品を前にしながら、もう一方ではこの想像の部屋の中にも居ることになるだろう…。この虚と実の重ね合わさった空間こそ、マンダース作品の魅力の一つ。

 

作家は2019年3月から本展の構想を温めており、今回、当館の1フロア全体(1000m²)を一つの作品として構築する。マンダースの制作においてインスタレーションはその中心をなす仕事。その場に立つことで得られる、彼の作品でなければ知ることのできない世界を存分に味わってみてほしい。

マーク・マンダース《舞台のアンドロイド (88%に縮小)》2002-14年
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp Photo: Peter Cox

マーク・マンダース《黄色と青のコンポジション》2014-18年
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp  Photo: Peter Cox

ヴェネツィア・ビエンナーレでも展示された代表作を初公開

 

本展で展示される作品には、近年のマンダースの重要な個展では必ず出品されてきた代表作が含まれている。中でも《夜の庭の光景》、《マインド・スタディ》は、それぞれベルギー、オランダの美術館から借用の作品で、本邦初公開となるマンダースの代表作。《マインド・スタディ》 は 2013年のヴェネツィア・ビエンナーレに出品された作品だ。また、作家が「大好きな作品」だと語る、部屋のインスタレーションも展示される。

なお、金沢21世紀美術館でのミヒャエル・ボレマンスとの2人展(2020年9月19日―2021年2月28日)での両者の対話を思わせる展示が印象に残っている方には、その作品の見え方の違いもぜひ味わっていただきたい。

本展では展示の仕方が異なるため、特に2人展を御覧になった方には、マンダースの作品の魅力や意味を多面的に知ることのできる稀有な機会となるはずだ。

【information】

展覧会名:マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在

会期:2021年3月20日(土)- 6月20日(日)
休館日:月曜日(5月3日は開館)、5月6日
開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の 30 分前まで)
観覧料:一般 1,500 円 / 大学生・専門学校生・65 歳以上 1,000 円 / 中高生 600 円 /小学生以下無料
会場:東京都現代美術館 企画展示室 3F

 

同時開催

「ライゾマティクス_マルティプレックス」(企画展)
「MOT コレクション コレクションを巻き戻す」(コレクション展) 「Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021 受賞記念展」

 

google map

 

  • Share on

error: Content is protected !!