Warning: The magic method Theme_My_Login::__wakeup() must have public visibility in /home/kamadojapan/kamado-japan.com/public_html/wp/wp-content/plugins/theme-my-login/includes/class-theme-my-login.php on line 373
蔡國強 宇宙遊―〈原初火球〉から始まる | KAMADO Our Art in Our Time

OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • 蔡國強 宇宙遊 ―〈原初火球〉から始まる

  • 国立新美術館

  • 2023.6.29 - 2023.8.21

国立新美術館とサンローランは国際的に大きな注目を集めてきた現代美術家、蔡國強の大規模な個展「蔡國強 宇宙遊 ―〈原初火球〉から始まる」を逢坂恵理子(国立新美術館長)の企画によって開催する。
アンソニー・ヴァカレロがリードするサンローランにとって、本展を開催することは、同ブランドの使命ともいえる、ビジュアルアートや映画、音楽など、様々なクリエイティビティへのサポートの最も新しい機会となる。

蔡國強《胎動II:外星人のためのプロジェクト No. 9》の制作風景 1991年
提供:蔡スタジオ

蔡國強《cAI™ の受胎告知》 2023年 火薬、ガラス、鏡、木製パネル 七曲屏風 200×560cm
撮影:趙夢佳 提供:蔡スタジオ

蔡は数十年にわたり、東洋古来の哲学や思想に立脚しつつ、風水や占星術にもつながる宇宙、そして目に見えない世界に魅了されてきた。

同時に、そうした果てしない世界への現代的アプローチとしての科学技術への興味や、現代の社会問題への感受性と省察を原動力に制作している。蔡の芸術の大きな特徴は、火薬を創造的に用いて作品を生み出してきたことだ。神話的で人類学的な壮大な世界観を表明した火薬ドローイングやインスタレーション、屋外爆発プロジェクトなど、スケールの大きな制作は国際的に高く評価されてきた。

蔡國強《天地悠々:外星人のためのプロジェクト No. 11》 1991年
火薬、墨、紙、キャンバス、冷蔵庫
火薬絵画:182×455cm 冷蔵庫:109×52×53cm 福岡アジア美術館蔵

蔡國強とインスタレーション作品《未知との遭遇》 浦東美術館 2021年 
撮影:顧劍亨 提供:蔡スタジオ

宇宙と見えない世界との対話を主軸に、作家として歩み始めた中国時代、アーティストとしての重要な形成期である日本時代、そしてアメリカや世界を舞台に活躍する現在までの創作活動と思考を遡る本展覧会は、宇宙が膨張するかのように拡大してきた蔡の活動をたどる壮大な旅路のような個展だ。
本展覧会では、国内の国公立美術館の所蔵作品と、日本初公開のガラスや鏡に焼き付けた新作を含む作家所有の約50件の作品が展示され、知られざる多数の貴重なアーカイブ資料や記録映像、そしてアーティスト自身による一人称の説明が掲示される。

蔡國強《地球はわたしたちの共同の家》 1985年 油彩、キャンバス 112×280cm
撮影:趙夢佳 提供:蔡スタジオ

蔡國強 2023年
撮影:Adrian Gaut

【information】
展覧会名:蔡國強 宇宙遊 ―〈原初火球〉から始まる
会場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
会期:2023年6月29日(木)~2023年8月21日(月)
開館時間:10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
休館日:火曜日
料金:1,500円(一般)、1,000円(大学生)
高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料。
障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。
URL:https://www.nact.jp/exhibition_special/2023/cai/index.html

  • Share on

error: Content is protected !!