Warning: The magic method Theme_My_Login::__wakeup() must have public visibility in /home/kamadojapan/kamado-japan.com/public_html/wp/wp-content/plugins/theme-my-login/includes/class-theme-my-login.php on line 373
さばかれえぬ私へ Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023 受賞記念展 | KAMADO Our Art in Our Time

OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • さばかれえぬ私へ Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023 受賞記念展

  • 東京都現代美術館 企画展示室 3F

  • 2023.3.18 - 2023.6.18

東京都とトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)は、2018年より中堅アーティストを対象に、受賞から複数年にわたる継続的支援によって更なる飛躍を促すことを目的とした現代美術の賞「Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)」を実施している。

志賀理江子《バイポーラー》よりスチル画像 2022
SHIGA Lieko, Still from Bipolar, 2022

志賀理江子《バイポーラー》よりスチル画像 2022
SHIGA Lieko, Still from Bipolar, 2022

第3回受賞者の志賀理江子と竹内公太による本展には、「さばかれえぬ私へ/Waiting for the Wind」という言葉を冠した。この言葉は、TCAA授賞式から始まった志賀と竹内の対話の中から生み出された、いわば本展で唯一の2人の共同作品と言えるものであり、人々が抱える内面世界への呼びかけでもある。

竹内公太《三凾座の解体》 2013、映像インスタレーション、33分23秒
TAKEUCHI Kota, Demolition of Mihako Theater, 2013, video installation, 33min. 23sec.

志賀理江子《バイポーラー》よりスチル画像 2022
SHIGA Lieko, Still from Bipolar, 2022

2011年の被災後、突如始まったあらゆる分野での復興計画に圧倒された経験を、人間が「歩く」営みとして捉えなおした志賀、第二次世界大戦時の兵器「風船爆弾」のリサーチにもとづき、過去の出来事–アーティスト–鑑賞者の「憑依の連鎖」による新作を発表する竹内。

竹内公太《地面のためいき》 2022、インスタレーション 撮影:川越健太
TAKEUCHI Kota, Sigh of A Ground, 2022, installation Photo: KAWAGOE Kenta

竹内公太《眺めの回収/風船憑依》より「アラスカ州アッツ島」 2022、紙にインク、C-プリント
TAKEUCHI Kota, Attu Island, Alaska from Sight Recovery/Balloon Possession, 2022, ink on paper, C-print

東日本大震災の爪痕が大きく残された宮城、福島をそれぞれの拠点として活動する両者の作品は、その方向性は違えども、対話の中で見出された共通の認識を持ち、ある部分では作品が重なり合うように展示空間を構成する。

竹内公太《シューティング(コールドクリーク)》 2022、写真
TAKEUCHI Kota, Shooting (Cold Creek), 2022, photo

【information】
展覧会名:さばかれえぬ私へ Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023 受賞記念展
会場:東京都現代美術館 企画展示室 3F
住所:〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
会期:2023年3月18日(土)~2023年6月18日(日)
開館時間:10:00-18:00
休館日:月曜日
料金:無料
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース・東京都現代美術館
URL:https://www.tokyocontemporaryartaward.jp/

  • Share on

error: Content is protected !!