OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • ポケモン×工芸展 ―美とわざの大発見―

  • 国立工芸館

  • 2023.3.21 - 2023.6.11

【応募締め切り期間】2023年3月15日まで

©2023 Pokémon
©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc

KUJIのお申込みは、メンバーログインが必要です。

KUJIのお申込みは、
メンバーログインが必要です。

ポケモンと工芸、正面切って出会わせたとしたらどんな「かがく反応」が起きるだろう。
この問いに人間国宝から若手まで20名のアーティストが工芸の多種多様な素材と技法で挑み、ひらめきと悶えと愉しみの中から生まれた約70点を初公開する。

満田晴穂
《自在ギャラドス》
2022年
個人蔵

©2023 Pokémon.
©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
撮影:斎城卓

一見意外な組み合わせだが、案外この2者、共通項が少なくない。
たとえば工芸の原材料や製造工程のエネルギーを挙げてみれば土や草や金属や、水に炎に電気など、そのままポケモンのタイプといっても通用するかのよう。

坪島悠貴
《可変金物 ココガラ/アーマーガア》
2022年
個人蔵

©2023 Pokémon.
©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
撮影:斎城卓

桂盛仁
《帯留・ブローチ ブラッキー「威嚇」「眠り」「立ち姿」》
2022年
個人蔵

©2023 Pokémon.
©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
撮影:斎城卓

さらにはわざを磨いたり、育てたり、収集や交換といったシステムも工芸にかける作り手や愛好者の想いと重なるところが多そうだ。

城間栄市
《琉球紅型着物「島ツナギ」》
2022年
個人蔵
©2023 Pokémon.
©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
撮影:斎城卓

ポケモンの姿かたちからしぐさ、気配までを呼び起こした作品。進化や通信、旅の舞台、効果抜群のわざなどゲームの記憶をたどる作品。
そして日々を彩る器、着物や帯留など粋な装いに誘い込まれたポケモンたち。
本展では、かけ算パワーで増幅した美とわざの発見を楽しめるだろう。

福田亨
《雨あがり》
2022年
個人蔵

©2023 Pokémon.
©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
撮影:斎城卓

今井完眞
《フシギバナ》
2022年
個人蔵

©2023 Pokémon.
©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
撮影:斎城卓

小宮康義
《江戸小紋 着尺 「ゲンガー・ゴースト」》
2022年
個人蔵

©2023 Pokémon.
©1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
撮影:斎城卓

【information】
展覧会名:ポケモン×工芸展 ―美とわざの大発見―
会場:国立工芸館
住所:〒920-0963 石川県金沢市出羽町3-2
会期:2023年3月21日(火)~2023年6月11日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし5/1は開館)、5/14(日)
料金:一般900円(600円・800円)/大学生500円(350円・450円)/高校生300円(200円・250円)
*()内は20名以上の団体料金・割引料金の順で記載。
*オンラインによる事前予約もあり。
*中学生以下、障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)は無料。
*いずれも消費税込。
URL:特設サイト https://kogei.pokemon.co.jp/
国立工芸館 https://www.momat.go.jp/cg/

  • Share on

error: Content is protected !!