OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • 展覧会 岡本太郎

  • 愛知県美術館

  • 2023.1.14 - 2023.3.14

【応募締め切り期間】2023年1月15日まで

KUJIのお申込みは、メンバーログインが必要です。

KUJIのお申込みは、
メンバーログインが必要です。

1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のテーマ館《太陽の塔》で知られ、今日でも幅広い世代の人々を魅了する芸術家・岡本太郎(1911-1996)。この度、その芸術人生を振り返る、大回顧展を開催する。

岡本太郎 《夜》 1947年 川崎市岡本太郎美術館蔵

岡本太郎 《露店》 1937/49年 ソロモン・R・グッゲンハイム美術館蔵(ニューヨーク)

岡本太郎 《光る彫刻》 1967年 川崎市岡本太郎美術館蔵

1929年に渡仏した岡本太郎は、抽象表現に影響を受けながら画家としてのアイデンティティを確立していく。帰国後、自らの芸術理念の核となる「対極主義」を提唱し、制作のみならず『今日の芸術』、『日本の伝統』などの著作において文化・芸術論を展開した。

岡本太郎 《燃える人》 1955年 東京国立近代美術館蔵

岡本太郎 《明日の神話》 1968年 川崎市岡本太郎美術館蔵

《太陽の塔》を頂点とするパブリックな空間に展開される巨大な彫刻や壁画など、生活の中で生きる作品群は、「芸術は大衆のものである」という岡本太郎の信念そのものを象徴し、それ故に没後もなお、多くの人々を惹き付けている。

岡本太郎 《森の掟》 1950年 川崎市岡本太郎美術館蔵

表現活動が多岐にわたることから「何が本職なのか?」と問われることも多かった太郎の答えは「人間―全存在として猛烈に生きる人間」だった。未知なるものへの不安・怖れに常に果敢に孤独に切り込んでいった彼の表現活動は、小さな枠にとらわれることなく世界に対して「己全体を賭ける」ことであり、人間としての根源的な営みの豊かさを人々に喚起する試みであったといえるだろう。

岡本太郎 《日の壁(原画)》 1956年 岡本太郎記念館蔵

岡本太郎 《空間》 1934/54年 川崎市岡本太郎美術館蔵

本展を通して太郎の思想・生き様が込められた作品を体感することは、不安定な状況が続く現在の社会を力強く生き抜いていくためのヒントを見つける機会となるかもしれない。

Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団

【information】
展覧会名:展覧会 岡本太郎
会場:愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10階]
住所:〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2
会期:2023年1月14日(土)~2023年3月14日(火)
開館時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:毎週月曜日(1月23日及び30日、2月13日及び27日、3月13日は開館)
料金:一般 1,800円(1,600円)、高校・大学生 1,400円(1,200円)
※( )内は前売券および20名以上の団体料金。
※高校・大学生は入場時に学生証の提示が必要。
※上記料金で同時開催のコレクション展も観覧可能。
URL:https://taro2022.jp/

  • Share on

error: Content is protected !!