OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • 所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い

  • 東京国立近代美術館工芸館

  • 2019.12.20 - 2020.3.08

鈴木⻑吉《十二の鷹》1893年(部分) 東京国立近代美術館蔵

東京国立近代美術館工芸館は、2020年に国立工芸館(通称)として石川県金沢市へ移転する為、東京の工芸館では本展が最後になる。

 

工芸を「パッション(情熱)」の語とならべて考えることは、もしかしたら普段はあまりない。

 

なぜなら工芸に注がれるパッションは姿かたちや質感にすっかり溶け込んで、むしろ背景の諸事情をいちいち分析する間もなく味わえるよう整えられてきたからだ。

しかし何を選び、未来へとつなげるのかを考える今、工芸に託されてきた知恵と愛とを見過ごしてしまったらもったいない。

 

平田郷陽《桜梅の少将》1936年 東京国立近代美術館蔵

志村ふくみ《紬織着物 水瑠璃》1976年 東京国立近代美術館蔵

来年はいよいよオリンピックイヤーである。

世界との出合いは国際的な視野を広げるだけでなく、私たちの内側に目を向ける好機になる。

日本の近代は工芸を通して何を感じ、想いを託してきたのだろう。

工芸家の言葉や活動・出来事から20を抽出し、工芸館の名品約150点によりそれぞれの局面に浮かび上がるパッションが紹介される。

小名木陽一《赤い手ぶくろ》1976年 東京国立近代美術館蔵

内藤春治《壁面への時計》1927年 東京国立近代美術館蔵

展覧会では、参加型のイベントや上映会も予定されている。
是非、重要文化財の赤レンガの建物で観賞できる最後の機会に足を運んでみてほしい。

【information】
展覧会名:所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い
会期:2019年12月20日(金)-2020年3月8日(日)
会場:東京国立近代美術館工芸館
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(1月13日、2月24日は開館)、年末年始(12月28日[土]-2020年1月1日 [水・祝])、1月14日[火]、2月25日[火]
観覧料:一般250円(200円) 大学生130円(60円)

高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、友の会、賛助会員(同伴 者1名まで)、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、 シルバー会員は本人のみ)、キャ ンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。 *()内は20名以上の団体料。いずれも消費税込。 *割引・無料には入館の際、学生証・運転免許証など年齢のわかるもの、会員証、社員証、障害者手帳をご提示ください。

無料観覧日:1月2日(木)、1月5日(日)、2月2日(日)、3月1日(日)

URLhttps://www.momat.go.jp/cg/

 

google map

  • Share on

KUJIのお申込みは、メンバーログインが必要です。

KUJIのお申込みは、
メンバーログインが必要です。

error: Content is protected !!