OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • 工芸館と旅する世界展―外国の工芸とデザインを中心に

  • 国立工芸館

  • 2022.12.20 - 2023.2.26

 

 

 

 

 

【応募締め切り】2022年12月15日

KUJIのお申込みは、メンバーログインが必要です。

KUJIのお申込みは、
メンバーログインが必要です。

国立工芸館は、「工芸館と旅する世界展-外国の工芸とデザインを中心に」(2022年12月20日~2023年2月26日)を開催する。

 

国立工芸館では、日本国内の工芸作品のみならず、世界各国の工芸家やデザイナーの作品収集も行い、さまざまな展覧会を開催してきた。

 

 

アルド・ロンティーニ
《リッコリーナ》
1987年
国立工芸館蔵
撮影:野村知也

オットー・バウムベルガー
《PKZブランドコート》
1923年
国立工芸館蔵

ロスマリー・ティッシ
《エングラーザッツ (写植会社)》
1983年
国立工芸館蔵

リヒャルト・リーマーシュミット
《パンチボウル》
1900年頃
国立工芸館蔵
撮影:アローアートワークス

コレクションのうち、外国人作家の作品は工芸作品が約180点、デザイン作品が約300点におよぶ。

 

 

この展覧会では、これまでまとめて展示する機会の少なかった海外作家による作品を中心に紹介される。

 

 

ロジェ・デ・ヴァレリオ
《シトロエン》
1930-39年頃
国立工芸館蔵

工芸やデザイン、それを生み出す場所の歴史や風土との関わりにも目を向ける機会となるだろう。

ルネ・ラリック
《カーマスコット ロンシャン》
1929年
国立工芸館蔵

【information】

展覧会名:工芸館と旅する世界展―外国の工芸とデザインを中心に

会場:国立工芸館

住所:〒920-0963 石川県金沢市出羽町3−2

会期:2022年12月20日(火)- 2023年2月26日(日)

開館時間:午前9時30分-午後5時30分
※入館時間は閉館30分前まで

休館日:月曜日(ただし1月2日、1月9日は開館)、年末年始(12月28日-1月1日)、1月10日(火)

料金:一般300円(250円)
大学生150円( 70円)
※( )内は20名以上の団体料金および割引料金
※いずれも消費税込
※オンラインによる事前予約もあり

 

URLhttps://www.momat.go.jp/cg/exhibition/embarking-on-a-trip-around-the-world-at-the-crafts-museum/#section1-1

 

google map

  • Share on

error: Content is protected !!