OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • 川内倫子:M/E 球体の上
    無限の連なり

  • 東京オペラシティ アートギャラリー

  • 2022.10.08 - 2022.12.18

 

 

 

 

 

【応募締め切り】2022年10月15日まで

KUJIのお申込みは、メンバーログインが必要です。

KUJIのお申込みは、
メンバーログインが必要です。

写真家・川内倫子(1972‒)は、柔らかい光をはらんだ淡い色調を特徴とし、初期から一貫して人間や動物、あらゆる生命がもつ神秘や輝き、儚さ、力強さを撮り続けている。

 

身の回りの家族や植物、動物などの儚くささやかな存在から、長い時を経て形成される火山や氷河などの大地の営みまで等しく注がれる川内のまなざしは、それらが独自の感覚でつながり、同じ生命の輝きを放つ様子を写しとっている。

 

 

《無題》(シリーズ「光と影」より)2011

《無題》(シリーズ〈An interlinking〉より) 2012

《無題》(シリーズ〈An interlinking〉より)2014

国内美術館では約6年ぶりとなる大規模個展であるこの展覧会では、この10年の活動に焦点を当て、未発表作品を織り交ぜながら川内の作品の本質に迫る。

 

展覧会タイトルでもある〈M/E〉は、本展のメインとなる新作のシリーズである。

《無題》(シリーズ「M/E」より)2020

《無題》(シリーズ「M/E」より)2019

《無題》(シリーズ「M/E」より)2021

〈M/E〉とは、「母(Mother)」、「地球(Earth)」の頭文字であり、続けて読むと「母なる大地(Mother Earth)」、そして「私(Me)」でもある。

 

 

アイスランドや北海道の氷河や雪景色と、コロナ禍で撮影された日常の風景とは、一見するとかけ離れた無関係のものに思えるが、どちらもわたしたちの住む地球の上でおこっており、川内の写真はそこにある繋がりを意識させる。

 

 

《無題》(シリーズ〈あめつち〉より)2013

この展覧会は、人間の命の営みや自然との関係についてあらためて問い直す機会となることだろう。

川内倫子

【information】

展覧会名:川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり

会場:東京オペラシティ アートギャラリー

住所:〒163-1403 東京都新宿区西新宿3丁目20−2

会期:2022年10月8日[土]̶12月18日[日]

開館時間:11:00-19:00(入場は18:30まで)

※11月3日[木]-6日[日]は「アートウィーク東京」の開催にあわせ10:00-19:00開館

休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

料金:一般1,200[1,000]円/大・高生800[600]円/中学生以下無料

 

URLhttps://rinkokawauchi-me.exhibit.jp/

 

google map

  • Share on

error: Content is protected !!