OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • ジャンルレス工芸展

  • 国立工芸館

  • 2022.9.16 - 2022.12.04

【応募締め切り】2022年9月30日まで

KUJIのお申込みは、メンバーログインが必要です。

KUJIのお申込みは、
メンバーログインが必要です。

近年、新しい文脈で工芸が評価されている。

近代に入り西洋美術の概念が導入され、絵画や彫刻と異なるとみなされた表現が工芸と命名され分離されてから、その分野の作家たちは工芸について自問自答しながら新しい表現を目指して制作を続けてきた。

三輪龍氣生(龍作、十二代休雪)《愛の為に》
1968年 東京国立近代美術館蔵 
撮影:アローアートワークス ©2015

平松保城《スカルプチャー・ウエイト》
1973年 東京国立近代美術館蔵

並行して評論家も工芸の在り方について研究を重ねてきたが、交通網やインターネットの普及により、これまでの美術や工芸の概念が揺らぎ始めている。

実際、最近では美術や工芸といったジャンルにこだわらずに、工芸素材と技術を用いて自身の表現を追求するという姿勢の作家が増えている。

稲垣稔次郎《木綿地型絵染壁掛 虎》(部分)
1960年 東京国立近代美術館蔵

そして時を同じくして、専門外の評論家が注目し紹介することで、工芸作品の露出が高まっていった。
本展は、東京国立近代美術館が所蔵する国内外の優れた工芸・デザイン作品を中心に、あえて工芸と括らずに新しい視点で紹介する展覧会だ。

三島喜美代《Work-86-B》1986-87年
東京国立近代美術館蔵 
撮影:エス・アンド・ティ フォト ©2019

器からオブジェまで形状はさまざまだが、鑑賞者はジャンルを気にすることなく、工芸素材とそれを活かす卓越した技術を用いた幅広い表現に触れることができるだろう。

永井一正《Life to Share》
1994年 東京国立近代美術館蔵

【infomation】
展覧会名:ジャンルレス工芸展
会場:国立工芸館
住所:石川県金沢市出羽町3-2
会期:2022年9月16(金)~2022年12月4日(日)
開館時間:午前9時30分-午後5時30分
※入館時間は閉館30分前まで
休館日:月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、9月20日、10月11日
料金:一般 300円(250円)大学生 150円( 70円)

※( )内は20名以上の団体料金および割引料金

※いずれも消費税込

※オンラインによる事前予約もあり

〇無料対象:高校生以下および18歳未満、65歳以上、MOMATパスポート・学パスをお持ちの方、友の会・賛助会員の方、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバーパートナーは本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)

〇割引対象:石川県立美術館・金沢21世紀美術館・石川県立歴史博物館・石川県立伝統産業工芸館(いしかわ生活工芸ミュージアム)・金沢市立中村記念美術館・金沢ふるさと偉人館の主催展覧会入場券半券、ならびにSAMURAIパスポート (一般のみ)を窓口で提示した方。

〇無料観覧日:10月16日(日)[いしかわ文化の日]、11月3日(木・祝)[文化の日]

URL:https://www.momat.go.jp/cg/

  • Share on

error: Content is protected !!