OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」

  • ポーラ美術館

  • 2019.12.15 - 2020.4.05

箱根にあるポーラ美術館にて12/15より、シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」が開催される。

 

フランスの詩人アンドレ・ブルトンが中心となって推し進めた「シュルレアリスム」は、20世紀の芸術に最も大きな影響を及ぼした運動のひとつだ。

彼らは理性を中心とする近代的な考え方を批判し、 精神分析学の影響を受けて理性の支配の及ばない無意識の世界に「超現実」を求める前衛的な詩作を繰り広げ、1924年には「シュルレアリスム宣言」を発表しグループとして活動を始めた。ドイツ出身の画家マックス・エルンストによる実験的な作品に美しさを見いだすなど、シュルレアリスムは詩や思想だけではなく絵画の分野にも拡大する。

またスペインからこの運動に加わったサルバドール・ダリは「偏執狂的=批判的」方法という独自の理論にもとづいて絵画を制作し、美術だけではなくファッション界をも巻き込む大きな流行を作り出していった。

 

三岸好太郎《海と斜光》1934年(昭和9) 油彩/カンヴァス 名古屋市美術館蔵

こうした動向は同時代の日本にも伝えられ、1930年代を通して「超現実主義」という訳語のもと、 最新の前衛美術のスタイルとして一大旋風を巻き起こしていく。しかし、日本では「無意識の探究」とい う本来の目的を離れ、現実離れした奇抜で幻想的な芸術として受け入れられる。

そして、しだいに東洋的な思想と混ざり合いながら独自の絵画表現や「シュール」という感覚が生まれるに至った。

本展は、⻄洋におけるシュルレアリスムの運動からどのようにシュルレアリスム絵画が生まれたのか、さらに超現実主義から、いわゆる「シュール」と呼ばれる独自の表現への展開に焦点をあてる試みとなる。

古賀春江《白い貝殻》1932年(昭和7) 油彩/カンヴァス ポーラ美術館蔵

2019年はシュルレアリスム誕生から100年という節目にあたる。フランスで誕生したシュルレアリスムは、理性を中心とした意識では捉えきれない新しい現実を表現することを目指して始まった。この100年で変遷を遂げたシュルレアリスムの展開と、フランスから日本、そしてアメリカ、アジアにいたるまでのシュルレアリスムの広がりを約100点の絵画、版画によってたどられる。

【information】
展覧会名:シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」
会場:ポーラ美術館(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285)
会期:2019.12.15 (Sun)ー 2020.4.5(Sun)
開館時間 : 9:00~17:00(最終入館は 16:30)
休館日 : 会期中無休
入場料:大人1,800円 大学・高校生1,300円 中学生以下 無料
URL:https://www.polamuseum.or.jp/

 

google map

KUJIのお申込みは、メンバーログインが必要です。

KUJIのお申込みは、
メンバーログインが必要です。

error: Content is protected !!