OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • Arts Towada 十周年記念
    「インター + プレイ」展 第3期

  • 十和田市現代美術館

  • 2022.1.22 - 2022.5.29

十和田市現代美術館では、Arts Towada 十周年を記念した全3期にわたる展覧会「インター+プレイ」展を開催している。

 

その最後を飾る第3期[会期:2022年1月22 日(土)- 5月29日(日)]では、青森県十和田市出身の映像作家 水尻自子と漆彫刻家 青木千絵の作品を展示する。

 

水尻 自子《不安な体》2021年
©MIYU Productions, New Deer, Yoriko Mizushiri

水尻 自子《不安な体》2021年
©MIYU Productions, New Deer, Yoriko Mizushiri

水尻自子のアニメーション作品は、鑑賞者の触感や痛覚を刺激し、まるで視覚で物に触れているような感覚を呼び起こす。

 

本展の作品はミュージシャンの本田ゆかが音楽を担当し、十和田のために制作された新作である。

 

青木千絵《BODY18-2》2018年
撮影:池田ひらく

一方、漆を用いた青木千絵の彫刻作品は、身体をモチーフにし、体の内側に溜まった感情が外側の身体へと現れ、覆い尽くすような造形だ。

 

身体を覆う幾重にも重ねた漆の鏡面には、奥にのみこまれるような深みがあり、鑑賞者を作品の内側に惹き寄せる。

展覧会では新作と旧作を組み合わせて展示する。

 

“Arts Towada十周年記念「インター + プレイ」展 第2期” 展示風景
2021年 撮影:小山田邦哉

目[mé]《space》2020年
“Arts Towada十周年記念「インター + プレイ」展” 展示風景
撮影:小山田邦哉

第3期では、身体の内と外を越境し、他者と感覚を共有していく映像や彫刻作品が中心となる。

美術館とまち、人と自然との関係から考え始めた相互作用(インタープレイ)という展覧会のテーマを、身体感覚の領域にも広げていく。

 

なお、第2期のトマス・サラセーノの展示の一部や、通年展示の鈴木康広《はじまりの果実》、目[mé]《space》は、引き続き展示し、問題行動トリオによるパフォーマンスも会期中に開催する。

目[mé]《movements》2019年
“Arts Towada十周年記念「インター + プレイ」展” 展示風景
撮影:小山田邦哉

【information】

展覧会名:Arts Towada 十周年記念「インター + プレイ」展 第3期

会場:十和田市現代美術館

住所:〒034-0082 青森県十和田市西二番町10−9

会期:2022年1月22日(土)- 5月29日(日)

開館時間:9:00 – 17:00(最終入場 16:30)※最新の情報はwebサイトをご確認ください。

休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)

観覧料:一般1800円(企画展閉場時:1000円)。高校生以下無料。

 

URLhttps://towadaartcenter.com/exhibitions/artstowada10th-interplay-003/

 

 

google map

  • Share on

error: Content is protected !!