OUR ART IN
OUR TIME

OUR ART IN
OUR TIME

  • Mar. 26, 2020

  • 【開催中止】「すこしのお金でアートがもらえるかもしれないKUJI」のプロトタイプ展、アート作品展示「PRE-REAL! KAMADO KUJI」

【開催中止について】(追記・5/5 )
コロナウィルスにより社会状況がしばらく不透明なこと、外出自粛要請の延期が決定されたなどを鑑み、展示開催を中止させて頂きます。ご期待に添えず、申し訳ございません。
現在、違った方法でKAMADO KUJIの発信を試みており、オンラインイベントを実施中です。同サイト内でイベントについて更新しております。是非、ご覧頂けますと嬉しく思います。

【開催日程延期について】(追記,日程修正・4/4)
コロナウィルス拡大により社会状況がしばらく不透明なこと、外出を当面自粛するよう要請が発信されていること等々を鑑み、展示開催をひとまず5月中旬に延期させて頂きます。
ご期待に添えず、申し訳ございません。どうか楽しみにお待ち頂けますと嬉しく思います。


5月の期間内の数日(※)、KAMADOがローンチする「すこしのお金でアートがもらえるかもしれないKUJI」のオンラインサービスについてのプロトタイプ展並びに、KUJI作品に参加してくれる現代アーティストの作品展示
「PRE-REAL! KAMADO KUJI」を開催します。(※2日程度で実施する為、調整中

 

KAMADOは、2019年8月30日にスタートし、現代アート・工芸・民藝・モノづくりのコンテンツを軸にバイリンガルウェブマガジンを運営し、今アートや表現に対して壁を感じてる人たちへハードルを下げる取り組みをしてます。
従来のアートのサービスでは解決されてない「アートへの3つの壁(心・家・財布)」を越えるため、新しい仕組みを立ち上げます。

 

KAMADO KUJIについての詳細


アートがすこしのお金でもらえるかもしれないKUJIは、創り手支援の新しい仕組みです。すこしのワクワクと一緒に、みんなで文化を支えます。

 

<KAMADO KUJIの流れ>

KAMADOがアーティストを取材し、記事を日英バイリンガルウェブマガジンで発信します。読者は記事を読み、コメントと支援で申し込みが出来ます。集まった金額の50%をアーティストへ。最後にアーティストがコメント欄(IRORI)を読み、申し込みされた読者から選んで自分の作品を送ります。
(※今回のプロトタイプ展では、コメント機能までになります。支援機能は正式ローンチ後から利用可能です)

今回の展示、「PRE-REAL! KAMADO KUJI」について

今回、KUJIのローンチに向けて、実際KUJI作品として読者に送られる作品展示とKUJIの利用を体験できるプロトタイプ展を実施します。

 

また、“オンラインでは感じる事の出来ない触覚を用いた展示”を行います。この触覚体験については、明治学院大学経済学部経済学科准教授 犬飼佳吾先生に監修をお願いしてます。

 

2名のKAMADO KUJI 参加アーティストについて

菅 隆紀(すが たかのり)
1985年長崎県生まれ。2009年愛知県立芸術大学卒業。自らの存在を路上に記述するグラフィティの表現を参照しながら、人間の根源的な行為や欲求をテーマに、絵画的技法を用いて表現している。2014年、オーストラリアを放浪中にアボリジニ文化に影響を受け、出会った老人の古民家にて滞在制作を行う。これまでに、「KOSHIKI ART EXHIBITION 2012」(2012年、鹿児島)、「ドリッピングプロジェクト」(2013年、京都府庁旧本館 観桜会)、「駒込倉庫」(2015年、コミッションワーク、東京)、2016年マネックス証券が主催する「ART IN THE OFFICE Program」にてグランプリを受賞、「TAKEO MABOROSHI 実験場 2017」(2017年、滞在制作、佐賀)、「虚実皮膜 ブラジル日本移民110周年記念現代美術展」(2018年、サンパウロ)、2019年、招待作家としてメキシコのCasa Wabiで滞在制作(2019年、オアハカ)、「東急百貨店東横店クロージングプロジェクト」(2020年、渋谷。建物の取り壊し2020年9月まで展示中)など国内外で展示。

 

photo by Yuba Hayashi

2020年3月営業終了の「東急百貨店東横店クロージングプロジェクト」にて壁一面に作品をペインティングした。(同年9月13日まで渋谷エキスポ施設として建物は残存)菅さんのコンセプトにはグラフィティーや儀式があり、渋谷の雑多なイメージやここから生まれ変わる建物へのはなむけのイメージを描いた作品。 photo by Yuba Hayashi


蓮輪友子(はすわ ともこ)

画家。個人的な経験をもとに、身近な場所や旅先でスナップ写真のように撮影した数秒の短い動画を用いて絵画制作をしている。近年は台北やロッテルダムにて展覧会、ロンドンやアントワープのフェアに参加など国内外に活動の幅を広げている。2020年1月に台北で個展。また個人の活動と並行して、自身が海外を訪れた際に出会うアーティストの展覧会を日本で開く活動を2014年から行っている。主な展示は個展に2020年「FES」YIRI ARTS(台北)、2017年「SUPER HERO」 YIRI ARTS (台北)、2017年「LICHT」 ギャラリー福果 (東京)、2016 年「LICHT」 XPO (Enschede)、2016年 「SUPER HERO」 TETEM (Enschede)、グループ展に2018年「HOWLING PANCAKES」Showroom MAMA(Rotterdam)、2014年 「Take a chill pill」La farmacia(Madrid) 等

 

photo by Yuba Hayashi

2020年1月〜2月の間、台北にあるギャラリーYIRI ARTSで個展「FES」を開催。蓮輪さんは旅先で出会った何気ない風景を作品に取り込む。今回の個展は2019年にイタリア、ローマを旅し、つくりあげた。都市の生命をキャンバスに光として凝縮した個展だ。

©️YIRI ARTS

開催日程・場所について

 

5月中旬の期間内で2日程度で実施する為、調整中。場所は渋谷を予定。
(コロナウィルスの影響により、延期する場合もございます)

 

ウェブマガジン KAMADOについて

 

アート・伝統(工芸・民芸)・モノづくりを軸に物語、情報を届けるバイリンガルウェブマガジン。ウェブマガジンを基盤にしたプラットフォームとして、新しい価値を次の時代へつなぐ為、文化の土壌をつくります。

代表/編集長:柿内奈緒美
公式URL:https://kamado-japan.com/

 

 

 

 

error: Content is protected !!